公益財団法人横浜市シルバー人材センター

センターの事業について

  1. 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、国や横浜市の支援により運営している公益法人です。
  2. 市内在住のおおむね60歳以上で、健康で働く意欲のある方が、シルバーセンターの事業趣旨に賛同し会員として登録しています。
  3. 当センターは、家庭・民間企業・公共機関等から高齢者に適した臨時的・短期的またはその他の軽易な仕事を引き受け(請負または委任)、これを会員に提供しています。
  4. 「請負または委任」による就業提供に加え、その他の多様なニーズに応えていくための就業支援として、次の事業も行っています。
    ○職業紹介事業(直接雇用を望まれる場合)
    ○労働者派遣事業
    ※「請負または委任」の場合:
    a.仕事の契約は、シルバーセンターと発注者との間で行い、シルバーセンター・会員・発注者のいずれの間にも雇用関係はありません。
    b.事業所の社員と混在して就業することや、発注者の指揮命令の下で就業する仕事は、お引き受けしておりません。
  5. 会員の仕事の実績に対しては、配分金(報酬)が支払われます。
  6. さまざまな仕事に応えられるよう各種技能講習会を開催し、会員の技能向上に努めています。
  7. 会員のボランティア活動や仲間づくりも応援しています。
  8. 仕事に関する総合相談窓口としてワークサポート情報プラザよこはま(通称「はまサポ」)を平成19年秋にセンター本部(港南区上大岡)内に開設しました。

ページの先頭へ